2015年10月13日

★ 三田見野屋 < 秋の味覚と三田松茸 >

DSC_2791.JPG秋の高級食材である松茸をはじめ、三田栗 ・ 黒大豆枝豆など、三田の特産品を取り扱い、
厳選した素材と品揃えが特徴の 『 三田見野屋 』 を訪ねました。
一年で一番の繁忙期にもかかわらず、作業の手を止め笑顔で応対してくださる見野社長

社屋は1階が店舗、2階が工場になっていて、店内は木目調の落ち着いた雰囲気
自社工場で加工した胡麻豆腐や黒豆などのオリジナル商品が、黒を基調とした
スタイリッシュなパッケージで販売されています 手(パー)
お土産や贈答用にご利用くださる方が多いそうですよ プレゼント

そしてまさに今の時期は、店頭に 秋の味覚 が勢揃いしています

DSC_2708.JPGDSC_2751.JPGDSC_2779.JPG







そんな数ある秋の味覚の中でも特に希少な 松茸
昨今、なかなか食卓に上がることがなくなりましたね〜!!
ですが、かつての三田は松茸の名産地だったそうです 手(チョキ)
古くから大阪などの都市部では、その香り高さや風味が珍重されたこともあり、三田の松茸は商品や観光資源、
また進物品として地域社会の中で重要な役割を果たしてきたんですって ダッシュ(走り出すさま)

そんな三田松茸、実際に生えているところも見たことがなかった私に、人生初の松茸収穫の機会が
早朝5時起きで、三田市内の松茸山に初潜入です exclamation×2
この三田の山中で、本当にあの松茸を見付けることは出来るのでしょうか? 目

LINEcamera_share_2015-10-08-11-13-05.jpg.jpg
  慣れた足取りで、カゴを背負って道なき道を進む見野社長。
  そしてその後を、木々を掻き分けながら必死について行く私・・・ あせあせ(飛び散る汗)
  松茸が採れるスポットを目指します ひらめき
  山に入ればどこにでも生えている訳でもなく、そして道標や看板がある訳でもなく
  一人で入ると、間違いなく遭難することを確信するほどの険しい道のり たらーっ(汗)
  登ったり 下ったり 迷ったり (笑) 、たどり着いたその先に見たものは
 
  険しい斜面に顔をのぞかせるたくさんの松茸


LINEcamera_share_2015-10-08-11-35-48.jpgLINEcamera_share_2015-10-08-11-39-47.jpgLINEcamera_share_2015-10-13-14-16-29.jpgLINEcamera_share_2015-10-08-11-41-04.jpgLINEcamera_share_2015-10-13-14-17-33.jpg








初めて見る光景に、疲れも吹っ飛び大興奮
そんな松茸の収穫の瞬間を 動画 でご紹介します 映画



「 香り松茸 味しめじ 」 という言葉の通り、香りの高さが売りの松茸!!
土瓶蒸しや松茸ご飯など、香りを生かしていただくのがおすすめです ぴかぴか(新しい)
そろそろ松茸シーズンは終盤になりますが、美味しい三田はまだまだ続きますよ

DSC_2733.JPGDSC_2740.JPGDSC_2778.JPG







三田栗 を使った “ 栗きんとん ” や “ 栗おはぎ ” もオススメ ♪
“ 栗きんとん ” は、店頭でのお買い求めはもちろんの事、 通信販売 でもお求めいただけます
濃厚な風味と豊かな甘みを持つ三田栗を蒸し上げ、丁寧に裏ごしし、口どけ滑らかにひとつひとつ手作りで
仕上げた和菓子です。
ぜひ一度ご賞味くださいね





三田見野屋
三田市志手原882
TEL: 079−564−2222
HPはコチラ♪










posted by sanda_story at 17:00| 兵庫 ☀| 地産 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。