2014年12月18日

★ アマゴの放流釣り体験

 清流と山あいがのどかな風景を織り成す 小柿渓谷
羽束川 ( はつかがわ ) の清流は、ホタルやオオサンショウウオ、アユも棲息するとっておきの環境なんです
そんな豊かな自然に恵まれている小柿渓谷で、 アマゴの放流釣り ができると聞きやって参りました〜
釣りなんて何年ぶりだろ あせあせ(飛び散る汗)
素人の私にも、釣り上げることは出来るのでしょうか?
さぁ!! いざ出陣 ダッシュ(走り出すさま)

2014-12-15-12-09-39_deco.jpg2014-12-16-11-43-17_deco.jpg2014-12-16-15-31-40_deco.jpg














指導は 羽束川漁業協同組合・小柿漁区 堂本 敏弘 代表
まずは、堂本さん自らお手本を!!
釣竿の扱い方からエサの付け方、そして仕掛けの投げ入れ方までレクチャーを受け、私も早速チャレンジ グッド(上向き矢印)
エサは北海道産の イクラ ですよ ひらめき

2014-12-16-16-08-06_deco.jpg2014-12-16-16-10-41_deco.jpg2014-12-16-11-44-49_deco.jpg














ほどなくして釣り上げました♪ それも、次から次に
これをビギナーズラックと言うのでしょうか
いやいや、もしかして私には 釣りの才能exclamation&question
などと自惚れつつ、しばらく順調に釣り上げます 手(チョキ)

一時間ほどして小柿渓谷に雪がちらつき始めた頃、パッタリと引きが止まります・・・ たらーっ(汗)
アマゴが川中を泳いでいるのは目で確認できるのに、これは一体どういうことでしょう???
堂本さんに伺うと、エサに飽きて反応しなくなったり、水温が下がりすぎると活動が停滞するそうです。
このあとは、 警戒心の強いアマゴ との知恵比べです!!
あれやこれや知恵を絞って 考えながら釣った1匹は、入れ食いよりもずっとずっと嬉しいんですよ〜
魚との知能戦に勝利した喜びです

2014-12-15-13-41-01_deco.jpg2014-12-18-11-07-38_deco.jpg















そして釣りの後は、ふぅふぅ言いながらいただく あつあつのカップ麺が何よりのご馳走ですね〜 ハートたち(複数ハート)
身体の芯まであったまりました♪

帰宅してから、きれいに下処理したアマゴをシンプルな塩焼きに♡
とにかく上品で滋味なんです!!
何より自分で釣り上げたアマゴですから、一層美味しく感じます 揺れるハート

渓流釣り、楽しすぎました〜
アマゴの気持ちも少し理解して、釣りのコツも掴んだので、次はもっとたくさん釣り上げたいな♪

小柿渓流放流釣場は、三田市を流れる羽束川を利用しているので、自然の渓流釣りの雰囲気が楽しめますよ
寒さ対策を万全にして、ぜひ一度お出掛けください 足





小柿渓谷放流釣場
三田市小柿867
TEL:079-569-0693

HPはコチラ♪








posted by sanda_story at 16:40| 兵庫 | 体験 | 更新情報をチェックする