2015年10月29日

★ ひょうご北摂観光アンテナショップ 美味しいもの市

ディアモール大阪にて12日間に渡って開催された
『 ひょうご北摂観光アンテナショップ 美味しいもの市 』

PA232340.JPG  豊かな自然と歴史・文化に彩られた ひょうご北摂の4市1町
  ( 伊丹市 ・ 宝塚市 ・ 川西市 ・ 三田市 ・ 猪名川町 )
  
  そのひょうご北摂の観光情報や、農産物を使用した加工食品から
  スイーツまで、魅力的な商品を取り揃えた物販コーナーが
  ディアモール大阪の多目的空間 「 DiA ROOM 」 に設置され、
  それぞれの地域の魅力を PR してきました


PA232315.JPG三田市からは、三田米 ・ 黒豆商品 ・ ジャム ・ 老舗酒造場の銘酒
各種カレー ・ ハム ・ キッピーグッズ などの物産品を持ち込み
販売させてもらいました るんるん
嬉しいことに、どの物産品も大人気で 手(チョキ)
売切れ商品続出で、開催期間途中に追加納品に伺ったほど ダッシュ(走り出すさま)

三田の物産品は、市外に出てもやっぱり高評価〜 グッド(上向き矢印)
現地で三田市の商品を手に取ってくださる方がいらっしゃると、
嬉しくなって思わず声を掛けてしまいます ひらめき

PA232326.JPGDSC_0336.JPGPA272292.JPG








ではでは、今回売れ筋だった商品をご紹介〜
☆ 写真左から、 「 JA兵庫六甲 」 “ 三田米こしひかり ” の2合キューブ
  お試しサイズの可愛らしさと300円というお手軽な金額がうけて、別途大口注文をいただいた人気商品です グッド(上向き矢印)
☆ 写真中央は、みんな大好き “ 三田産 黒大豆枝豆 ”
  ビールのお供に外せませんよね ビール
☆ 写真右は、 「 早瀬野菜研究所 」 “ さんだくり南京 キャラメルジャム ”  540円
  スプーンで底の方からすくって、かぼちゃとキャラメルをからめてどうぞ 揺れるハート

PA272298.JPGPA232323.JPGPA232290.JPG








☆ お次、写真左から、 「 三田見野屋 」 “ 黒豆しぼり ”  540円
  三田産の黒豆を甘さ控えめで炊き上げ、ソフトに乾燥させた逸品です ぴかぴか(新しい)
☆ 写真中央は、 「 丹波屋 」 の “ ちりめん山椒 ”  540円
  ごはんのお供にうってつけ ☆ ごはん何杯でも食べられちゃいます 手(チョキ)
☆ 最後に写真左の 「 小西酒造 」 の “ 幸民麦酒 ”  514円
  以前ブログでもご紹介しましたが、日本で最初にビールを造ったのが、三田出身の川本幸民なんです exclamation×2
  その当時のレシピを元に再現された幸民麦酒は、清酒酵母の風味を残した、コクがあり味わい深いビールなんですよ ビール


これらの物産品をはじめ、三田にはまだまだ美味しいものが勢揃い!!
市内外で認められる三田の味を、一度はぜひお試しくださいね〜








posted by sanda_story at 16:30| 兵庫 ☀| イベント | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

★ 贈りもの菓子食堂 Mouette( ムエット )

昨年11月にOPENした 『 贈りもの菓子食堂 Mouette ( ムエット ) 』
ご家族と一緒に作り上げた手作り工房のイメージは、映画 「 かもめ食堂 」
なるほど
北欧らしいほのぼのとした優しい雰囲気が出ていますよね
Mouette は、フランス語で 「 かもめ 」 という意味なんですって ひらめき
お父様がお菓子職人だったという、店主の rai さん るんるん
小さな頃からその背中を見て育った rai さん が作るお菓子は、やっぱりお父様が作ってくれた懐かしい味になるんだとか

P9111724.JPGP9111717.JPGP9111676.JPG








さてさて、ここでもう一度店名に注目してみてください〜 目
そう!! Mouette は、 “ 贈りもの菓子食堂 ” なんですよ プレゼント
“ 贈りもの ” には色々な形がありますよね!!
例えば大切な人やお世話になった人へ、また頑張った自分自身へのご褒美 揺れるハート などなど・・・
そんな特別な時間に華を添えてくれるのが、Mouette のお菓子なんです
訪れたこの日も Mouette には、それぞれの “ 贈りもの ” を求め、入れ代わり立ち代わりお客様が ダッシュ(走り出すさま)

P9111750.JPGP9111763.JPGP9111781.JPG








そんな贈りもの菓子食堂ですが、実は店頭でお召し上がりいただくこともできるんですよ〜 手(チョキ)
今回私がいただいたのは、写真左の 「 キャラメルかぼちゃのマフィン (250円)」 と、右の 「 栗のロールケーキ (330円)」
何と!! 嬉しいことに、 “ 母子産の紅茶 ” がサービスで付きます 喫茶店
そうなると、食べて帰らなきゃ な気持ちになりますよね〜 揺れるハート (笑)

キャラメルかぼちゃジャム.jpg
そうそう exclamation
実は、 「 キャラメルかぼちゃのマフィン 」 は、コラボ商品なんです 手(パー)
以前ブログでご紹介した 早瀬野菜研究所 さんの
“ 三田のキャラメルかぼちゃジャム ” を使ってるんです ぴかぴか(新しい)
美味しいハズだわ〜 グッド(上向き矢印)


また、スポンジやクリームの上品な甘さの訳は、使用しているお砂糖にあるんですって
試行錯誤の末、使っているのは 洗双糖 ( せんそうとう )
洗双糖とは、砂糖製造工程で結晶と蜜を分離せず、原料のさとうきびなどの絞り汁をそのまま煮詰めたもので、
精製していないのでミネラル分が多く含まれています。
甘味にしつこさがなく後味がさわやかなので、お菓子作りやコーヒーにピッタリだそうです


Mouette の店頭ではお菓子だけでなく、作家さんの手作り雑貨やアクセサリーなども取り扱っていますよ。
お寄りの際にはぜひ、そちらも併せてご覧くださいね 目

『 あなたとあなたの大切な人に、 Mouette のお菓子をどうぞ 』








贈りもの菓子食堂 Mouette ( ムエット )
三田市志手原545-3
TEL: 080-6154-0158
※ 営業日は水・木・金・土・祝 ( 第2土曜日はイベント出店のため定休 )
HPはコチラ♪








posted by sanda_story at 09:50| 兵庫 ☀| グルメ & スイーツ | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

★ 実りの秋

毎回前を通るたびに目を奪われれるこの 田園風景
「 酒米の王様 」 と言われる 山田錦 が栽培されています 手(パー)
黄金色 に輝く稲穂の間を秋風が渡る様子は、まるでなにか住んでいるのではないかと錯覚するほど幻想的
童心に返って、 ワクワク しながら見入ってしまいます

PA132267.JPG

 
















“ 実るほど頭を垂れる稲穂かな ”
実りの秋ですね〜
そして改めて、どんな時でもこうありたいな ひらめき と思う私でした・・・






posted by sanda_story at 10:00| 兵庫 ☀| 山里 | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

★ 三田見野屋 < 秋の味覚と三田松茸 >

DSC_2791.JPG秋の高級食材である松茸をはじめ、三田栗 ・ 黒大豆枝豆など、三田の特産品を取り扱い、
厳選した素材と品揃えが特徴の 『 三田見野屋 』 を訪ねました。
一年で一番の繁忙期にもかかわらず、作業の手を止め笑顔で応対してくださる見野社長

社屋は1階が店舗、2階が工場になっていて、店内は木目調の落ち着いた雰囲気
自社工場で加工した胡麻豆腐や黒豆などのオリジナル商品が、黒を基調とした
スタイリッシュなパッケージで販売されています 手(パー)
お土産や贈答用にご利用くださる方が多いそうですよ プレゼント

そしてまさに今の時期は、店頭に 秋の味覚 が勢揃いしています

DSC_2708.JPGDSC_2751.JPGDSC_2779.JPG







そんな数ある秋の味覚の中でも特に希少な 松茸
昨今、なかなか食卓に上がることがなくなりましたね〜!!
ですが、かつての三田は松茸の名産地だったそうです 手(チョキ)
古くから大阪などの都市部では、その香り高さや風味が珍重されたこともあり、三田の松茸は商品や観光資源、
また進物品として地域社会の中で重要な役割を果たしてきたんですって ダッシュ(走り出すさま)

そんな三田松茸、実際に生えているところも見たことがなかった私に、人生初の松茸収穫の機会が
早朝5時起きで、三田市内の松茸山に初潜入です exclamation×2
この三田の山中で、本当にあの松茸を見付けることは出来るのでしょうか? 目

LINEcamera_share_2015-10-08-11-13-05.jpg.jpg
  慣れた足取りで、カゴを背負って道なき道を進む見野社長。
  そしてその後を、木々を掻き分けながら必死について行く私・・・ あせあせ(飛び散る汗)
  松茸が採れるスポットを目指します ひらめき
  山に入ればどこにでも生えている訳でもなく、そして道標や看板がある訳でもなく
  一人で入ると、間違いなく遭難することを確信するほどの険しい道のり たらーっ(汗)
  登ったり 下ったり 迷ったり (笑) 、たどり着いたその先に見たものは
 
  険しい斜面に顔をのぞかせるたくさんの松茸


LINEcamera_share_2015-10-08-11-35-48.jpgLINEcamera_share_2015-10-08-11-39-47.jpgLINEcamera_share_2015-10-13-14-16-29.jpgLINEcamera_share_2015-10-08-11-41-04.jpgLINEcamera_share_2015-10-13-14-17-33.jpg








初めて見る光景に、疲れも吹っ飛び大興奮
そんな松茸の収穫の瞬間を 動画 でご紹介します 映画



「 香り松茸 味しめじ 」 という言葉の通り、香りの高さが売りの松茸!!
土瓶蒸しや松茸ご飯など、香りを生かしていただくのがおすすめです ぴかぴか(新しい)
そろそろ松茸シーズンは終盤になりますが、美味しい三田はまだまだ続きますよ

DSC_2733.JPGDSC_2740.JPGDSC_2778.JPG







三田栗 を使った “ 栗きんとん ” や “ 栗おはぎ ” もオススメ ♪
“ 栗きんとん ” は、店頭でのお買い求めはもちろんの事、 通信販売 でもお求めいただけます
濃厚な風味と豊かな甘みを持つ三田栗を蒸し上げ、丁寧に裏ごしし、口どけ滑らかにひとつひとつ手作りで
仕上げた和菓子です。
ぜひ一度ご賞味くださいね





三田見野屋
三田市志手原882
TEL: 079−564−2222
HPはコチラ♪








posted by sanda_story at 17:00| 兵庫 ☀| 地産 | 更新情報をチェックする